ドライタイプのメガネ拭きが手放せなくなってきました

ドライタイプのメガネ拭きのメガネイメージ画像

ドライタイプのメガネ拭きを使ってみたら、レンズがスッキリと、とてもキレイになるので、手放せなくなってきました。

思いのほか キレイに

近くのドラッグストアで購入したメガネクリーナー。

アズフィット ドライクリーナーのパッケージ画像

ドライタイプなのですが、これが思いのほか、簡単にレンズがキレイになります。

 

レンズが汚れたメガネ

レンズが汚れてきたら、ハーッっと、レンズの表と裏に息を吹きかけて・・

 

ドライタイプのメガネ拭きでメガネのレンズを拭く

軽く撫でるように、レンズを拭くと・・・

 

レンズの汚れがスッキリキレイに落ちたメガネ

スッキリ、ムラなく、レンズがキレイになります。

このドライタイプのクリーナーは、拭いた後も、汚れがつきにくいような気がします。

 

ただし、使用上の注意として

レンズや画面に傷をつけないために、ほこり等の異物が付着していないことを確認してから本品をご使用ください。

との記載があります。

硬い材質のホコリや塵、砂粒などをレンズとメガネ拭きの間に挟んだまま拭いてしまうと、レンズが傷ついてしまう恐れがあるという注意かと思われます。

異物が付着していないことを確認してから使いましょう。

 

汚れが良く拭き取れるヒミツ?

少し前に買ったときは・・

アズフィット ドライタイプメガネクリーナーの旧パッケージ

こんなパッケージだったのですが、デザインが一新されたみたいです。

以前のパッケージの後ろの面には・・

旧パッケージ後ろ面の説明書き

「汚れが良く拭き取れるヒミツ!!」として、拭き取りイメージの図が掲載されていたのですが、新しいパッケージには、それがなくなってしまいました。

一見、普通の1枚の紙のようですが、いろいろと工夫されているようです。

ドライタイプのメガネクリーナーを50倍のルーペで見てみたところ

スマホで撮影したので、あまり写りが良くないのですが、50倍のルーペで見てみると、細い繊維に隙間がけっこうあるのがわかります。

素材は「アクリル系不織布」との記載があります。

 

ティッシュペーパーを50倍のルーペで見て見てみたところ

こちらは、普通のティッシュペーパーを同じルーペで見てみたところです。

この写真だと、ちょっとわかりづらいですが、隙間は、ほとんど無いみたいに見えます。

やはり、細い繊維と、その隙間にヒミツがありそうな感じです。

アズフィット ドライ クリーナー

このクリーナーの販売者は・・

アズフィット ドライ クリーナーのパッケージ前面

「アズフィット株式会社」となっています。

 

アズフィット ドライ クリーナーのパッケージの後面

使用方法に、「シートは目安として2~3回ご使用になれます。」と書いてありますが、実際に使ってみてもそんな感じです。

4~5回使うと、やはりシートに付着した汚れがあるためか、スッキリ、キレイにならないような感じです。

 

アズフィット ドライ クリーナーのパッケージの側面

側面には、「ノンアルコールのドライタイプだから、安心してパソコンやAV機器等に電気製品にも使えます。」また、「薬品は使用していないので安心してご利用いただけます。」との記載もあります。

その点も私には好印象です。

 

アズフィット ドライ クリーナーのパッケージを開封したところ

パッケージにはミシン目が入っているので、開封も楽です。

 

アズフィット ドライ クリーナーのパッケージからクリーナーを取り出す

たっぷり100シート入っているので、あまり頻繁に買わなくていいので助かります。

でも、箱ごと持ち歩くにはちょっと大きいので、携帯用は、ジッパー付きのポリ袋に小分けして使っています。

アズフィット ドライ クリーナーをパッケージから取り出したところ

シートは、長方向で一折、短方向で一折の4つ折りになっています。

 

アズフィット ドライ クリーナーのシートを広げてみたところ

シートサイズは、「90mm×150mm 」とパッケージには記載がありますが、測ってみると「90mm×157mm」ぐらいありました。

この「アクリル系不織布」という素材は、水には溶けないそうなので、水洗トイレに流すことはできないみたいです。

表現社 めがねふき

こちらは、「表現社」の「めがねふき」。

表現社のめがねふきの2種類のパッケージ

パッケージのデザインは3種類あったような気がしますが、そのうちの2つです。

ドライタイプのクリーナーを、私が初めて使ったのがこれでした。

表現社のめがねふきのパッケージの前面

携帯性に優れたパッケージになっていて、15シート入りです。

以前は、雑貨屋さんで購入していたのですが、最近店頭では見かけなくなりました。

表現社のめがねふきのパッケージの後面

パッケージには「超極細繊維」としか説明がないのですが、中のシートは、「アズフィット ドライ クリーナー」と、見た目や、手触りがとても良く似ていて、こちらも、良く拭き取れます。

こちらには、「水に濡らして使用するとより一層効果を発揮します。」との記載があります。

 

表現社のめがねふきはシートを1枚ずつ引き出せる

1枚ずつ引き出して使えるところが便利です。

 

表現社のめがねふきのシートを広げてみたところ

シートのサイズは、「90×128mm」となっています。

 

表現社のめがねふきのくまモンのパッケージの前面

こちらは、「くまモン」バージョンのパッケージ。

 

表現社のめがねふきのくまモンのパッケージの後面

中のシートは、他のものと同じです。

無印良品 携帯用メガネ拭き

こちらは、無印良品の携帯用メガネ拭き。

無印良品の携帯用メガネ拭きのパッケージの前面

地味なパッケージなので無印良品の店頭でも、あまり目立っていないような気がします。

こちらは、14シート入りです。

 

無印良品の携帯用メガネ拭きのパッケージの後面

素材は、「アクリル系不織布」となっているので、その点は「アズフィット」の「ドライ クリーナー」と同じみたいです。

 

無印良品の携帯用メガネ拭きのパッケージの開け方

ポケットティッシュと同じような感じの袋の開け方です。

パッケージの後ろの面に小さく「OPEN」と書いてあるところを両側に引っ張ると開けられます。

 

無印良品の携帯用メガネ拭きのパッケージからシートを取り出す

取り出し方もポケットティッシュのような要領です。

 

無印良品の携帯用メガネ拭きのシートはZ折りになっている

こちらのシートは、Z(ゼット)折りにして、それをさらに2つに折った、6つ折りになっています。

 

無印良品の携帯用メガネ拭きのシートを広げてみたところ

シートのサイズは、「133×150mm」となっていて小さなパッケージとは逆にシートは大きめです。

ダイセル メガネふき ドライタイプ

こちらは、ダイセルファインケムの「メガネふき ドライタイプ」。

ダイセル メガネふき ドライタイプのパッケージの前面

10シート入りです。

 

ダイセル メガネふき ドライタイプのパッケージの後面

やはり、素材は「超極細繊維アクリル不織布」と記載されています。

 

ダイセル メガネふき ドライタイプのパッケージを開封するところ

こちらも後面の点線部分を引っ張ると開封できます。

 

ダイセル メガネふき ドライタイプのパッケージからシートを取り出す

パッケージがややきつめですが、さほど問題ありません。

 

ダイセル メガネふき ドライタイプのシートの折り方

こちらも、無印良品の携帯用メガネ拭きと同様にZ(ゼット)折りにして、さらに2つ折った、「6つ折り」になっています。

 

ダイセル メガネふき ドライタイプのシートを広げてみたところ

シートのサイズは、「140×150mm」となっています。

 

シートの質の違いは?

各社の製品のシートを比較してみても、色や質感がどれもとても良く似ているので、シートのサイズや折り方が違う事以外では見分けがつきにくいです。

各製品のシートの質感の比較

シートの大きさは、やはり大きい方が使いやすいように感じます。

メガネの後にスマホを拭く

メガネをキレイに拭いたあとは、スマートフォンにも使えます。

画面が汚れたスマートフォン

画面が汚れがちなスマートフォンも・・

ハーッっと息を吹きかけて・・・

スマートフォンの画面をメガネ拭きのシートで拭きます

ドライタイプのメガネ拭きで拭くと・・

 

画面がキレイになったスマートフォン

スッキリ、キレイになります。

気のせいかもしれませんが、拭いた後も、指紋や汚れが付きにくいような気がします。

まとめ

やはりメガネは、中性洗剤を水で希釈したものを使って水洗いして、ホコリや小さなゴミなどをレンズの表面から取り除いた後に、ティッシュペーパーで水分を拭き取る」といった方法がレンズに傷をつけないようにするには、一番無難なのかもしれません。

でも、このドライタイプのメガネ拭きも、上手く活用すればとても重宝します。

ドライタイプとはいっても、カラカラに乾いた状態で拭くのではなく、私は、やはり少し湿らせてから拭く方が、軽い力で汚れが取れるように思います。

無印良品のプチスプレーボトル

こちらは、無印良品の「小分けボトル」。

こういった小さなスプレーボトルに水を入れてスプレーして使うのも一つの手段かなと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました