Thunderbirdの未読メールの色を変えました(Windows10 Home編)

未読メールのイメージイラスト

メールソフトのThunderbirdを使っているのですが、未読メール(未読メッセージ)と既読メール(既読メッセージ)の見分けがつきにくいので、一目でわかるように未読メールの文字の色を青色に変更しました。

こんな感じです

変更後はこんな感じです。

未読メールの色を青にしたとき

変更する前はこちら。

未読メールの色が黒のとき

変更後は未読メールが、とても見分けやすくなりました。

※フォント(書体)はWindows10のシステムフォントになっている「Yu Gothic UI」が老眼の私には見づらいので「Meiryo UIも大っきらい!! 」というフリーソフトを使って「メイリオ」に変更しています。

未読メールが保存されているアカウントのフォルダーの名前の色も青に変更できました。

フォルダの名前の色

なんで青なの?

単なる好みの問題でもありますが、私の場合は未読のまま放置しているメールが多いので、赤にするとモニターの画面を赤が占める割合が多くなって気分が落ち着かないからです。

でも、以前勤めていた職場で赤に設定したら、重要なメールの取りこぼしがほぼ無くなり、トラブルが減ったということもありました。(そのときはOutlook2010でしたが・・)

ダブルクリックしてメッセージを開いた時点で既読にする記事はこちら

メールソフトのThunderbirdを使っているのですが、届いたメッセージを選択しただけで既読になってしまうのは不便なので、メッセージをダブルクリックで開いたときに既読になるように設定しました。

Thunderbirdのオプションの設定で変更できるの?

Outlook2010では未読メールの色を簡単に変更できるので、Thunderbirdでもすぐできるだろうと思ったら、なんと、できないのでした。

ならば、アドオンがあるだろう・・・と探してみたものの見当たりません。(探し方が悪いのかな?)

色を変えたいと思う人はあまりいないのかな・・・。

ネットで検索してみたら、MozillaZine.jp フォーラムさんに解決方法が載っていました。

https://forums.mozillazine.jp/viewtopic.php?p=20606

未読メールの色を変えるには小細工が必要

未読メールの色を変える大まかな手順は以下のとおりです。

  1. 「userChrome.css」ファイルを作成します。
  2. Thunderbirdの「Profiles」フォルダーの中の「xxxxxxxx.xxxxxxx」(フォルダー名は各ユーザーで異なる)の中に「chrome」という名前のフォルダーがあるかどうかを確認します。(「Profiles」フォルダーの詳しい場所は後述します。)

    「chrome」という名前のフォルダーが既にある場合はその中に作成した「userChrome.css」ファイルを格納します。

    「chrome」という名前のフォルダーがない場合は、新たに「chrome」という名前のフォルダーを作成し、その中に作成した「userChrome.css」ファイルを格納します。

  3. Thunderbirdを再起動します。

ファイルの格納場所のイメージイラスト

以下に具体的な手順を記載します。

1.「userChrome.css」ファイルを作成する

先ず、エクスプローラーの「表示」タブで「ファイル名拡張子」のチェックボックスにチェックを入れ、パソコン(以下PC)がファイル名の拡張子を表示するように設定します。

パソコンが拡張子を表示するように設定する

上の画像のように既に表示する設定になっていれば、そのままでOKです。

「拡張子」とは、Windowsのパソコンがファイルの種類を識別するための文字列のことです。Excelなら、「xlsx」Wordなら、「docx」のようにファイルを保存したときの形式によって決められています。ファイルを保存したときにユーザーが付けた任意の名前の後ろに「.」(ドット)を挟んで自動的に付けられます。
拡張子は、基本的にアルファベットか、アルファベットと数字の組み合わせで半角の文字列です。
 

以下のコードをテキストエディタで文字コードをUTF-8に設定し、ファイル名を「userChrome.css」にして任意の場所(デスクトップなど)に保存します。

@namespace url("http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul");

/* スレッドペインの未読メッセージの表示色を青色に変える */
treechildren::-moz-tree-cell-text(unread) {
  color: #0000ff !important;
}

/* フォルダペインの未読メッセージの表示色を青色に変える */
/* single folder with unread messages */
#folderTree > treechildren::-moz-tree-cell-text(hasUnreadMessages-true) {
  color: #0000ff !important;
}

/* closed folder containing subfolder with unread messages */
#folderTree > treechildren::-moz-tree-cell-text(closed, subfoldersHaveUnreadMessages-true) {
  color: #0000ff !important;
}
   
/* open folder containing subfolder with unread messages */
#folderTree > treechildren::-moz-tree-cell-text(subfoldersHaveUnreadMessages-true) {
  color: #0000ff !important;
}
CSSファイルは文字等の大きさや色などの装飾を指定するためのファイルです。
「#0000ff」という部分が青い色の指定です。この部分を変えると他の色になります。赤い色の指定なら「#ff0000」あたりでしょうか。

青と赤以外の色を設定したいという場合は以下のサイトが参考になるかもしれません。
https://html-color-codes.info/japanese/

文字コードをUTF-8で保存可能なWindows用のテキストエディタは「Mery」や「TeraPad」や「秀丸エディタ」などがありますが、Windows10 Homeでは、標準で入っている「メモ帳」でも保存が可能なようです。

「メモ帳」の「名前をつけて保存」のダイアログで「文字コード」のプルダウンメニューから「UTF-8」を選択することで、文字コードを「UTF-8」で保存できるようです。※但し、「BOM付き」のみで「BOM無し」では保存不可のようです。

試しに「メモ帳」で上記のCSSファイルを作ってみたら、私の環境では、問題なく表示されています。「メモ帳」は、すべてのアプリの中の「Windowsアクセサリ」の中にあります。

 

2.作成した「userChrome.css」ファイルを格納する

先ず、エクスプローラーの表示タブで「隠しファイル」のチェックボックスにチェックを入れてPCが隠しファイルを表示するように設定します。

隠しファイルを表示させる

私の現在の環境(OS:Windows10 Home /Thunderbirdのバージョン45.7.1)ではThunderbirdのプロファイルの場所は以下のようになっていました。

C:\Users(ユーザー)\アカウント名\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\qaacw3mf.default

「qaacw3mf.default」フォルダーについては、ユーザー毎にフォルダー名が異なるようです。

(※「\」は、「~の中の」みたいな意味です。)

「qaacw3mf.default」フォルダーの中を確認すると「chrome」という名前のフォルダーは無かったので、新たに作成しました。

ですので、「userChrome.css」の設置場所は、

C:\Users(ユーザー)\アカウント名\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\qaacw3mf.default\chrome

となります。

先ほど作成しておいた「userChrome.css」ファイルを「chrome」フォルダーの中に移動します。

CSSファイルの設置作業はこれで終わりなので、エクスプローラーの表示タブで「隠しファイル」のチェックを外して隠しファイルが表示されない設定にPCを戻しておきます。

3.Thunderbirdを再起動する

一旦、Thunderbirdを終了して、再び起動すると変更が反映されます。

まとめ

本記事は自分のPCで実際にThunderbirdの設定を変更したので備忘録も兼ねて書いたものです。

Thunderbirdは無料で使えるにもかかわらず、広告も表示されず、シンプルで高機能なところが私は気に入っています。アップデートで日本語の表示などもちょっとずつ改善されているようです。

未読メールの色も、もっと簡単にで設定できるようになると良いのですが・・・。

応援と期待を込めて、ほんの僅かですが、Thunderbirdに寄付をしておきました。

スポンサーリンク
レンタグル広告(大)
レンタグル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. zapper より:

    有用な情報ありがとうございます。
    最近、livemail からの移行を考えとりあえずTBをインストールしました。
    すばらしいと思う反面、慣れない部分も多くカスタマイズ中です。
    css、stylish 等Firefoxは長年メインブラウザなので経験はあったのですが、
    TBについてはわかりやすい情報が見つけられず、
    まあとりあえずトライ&エラーしかないか?と思っていたところ、ふとこちらを見つけたどり着いた次第です。
    css について大変わかりやすく(初心者でも絶対に迷わなそう)、
    青表示は考えになかったのですが、LMで未読数が青だったので早速導入、
    おーこれはいい!!と感動してるところです!!

    これをきっかけに他のカスタマイズも進捗しそうです!

    • リフィトリー より:

      zapperさん、こんばんは。コメントをありがとうございます。
      最近はGmail等の優れたブラウザメールもあるのですが、私は、どうもまだ、馴染めないのです。
      Thunderbirdはimapのアカウントを複数設定して使う場合などは、便利だなと感じています。

      Tbのカスタマイズの情報は多くの方が書かれておられるので、使い易くできるといいですね。