Photoshop バッチ処理 備忘録

フォトショップ バッチ処理 アイキャッチ画像Photoshopのバッチ処理が便利なのは分かっていても、しばらくやらないと、すぐにやり方を忘れてしまい、あれ?どうやるんだっけ?となってしまうので、記事にしておくことにしました。

バッチ処理の手順

いまどき、CS4を使っている人は、いないかもしれませんが・・

今回は、色補正済みのpsd形式の画像をWeb掲載用のjpg形式で保存します。

出力先のフォルダーの作成

create-a-folder-on-your-desktop

デスクトップにフォルダを作成して、任意の名前をつけます。

今回は、「Photoshopバッチ処理」という名前にしました。

このフォルダ内に処理後の画像が出力されるように設定します。

作業の記録

アクションパネルを開く

アクションパネルを表示します。

 

create-a-new-action

新規アクション作成ボタンをクリックして、新規アクションダイアログを表示します。

 

新規アクションダイアログ

アクション名を入力します。

今回は、「psd→jpg60」としました。

「記録」ボタンをクリックして、記録を開始します。

 

start-recording

「新規アクション」ダイアログの「記録」ボタンをクリックすると、作業の記録が開始されます。

アクションパネルの下部の左から2番目のボタンが記録中を示す赤い丸の表示に変わっています。

記録する作業を開始します。

 

開く

メニューの「ファイル」から「開く」を選択してクリックします。

 

ファイルを選択して開く

psd形式の画像ファイルをひとつ選択して、開きます。

 

save-for-web-and-devices

メニューの「ファイル」から「Webおよびデバイス用に保存」を選択します。

 

save-as-jpeg

「Webおよびデバイス用に保存」のダイアログでプルダウンメニューから「JPEG」、「やや高画質」をそれぞれ選択して設定し、「保存」ボタンをクリックします。

 

select-a-save-destination

あらかじめデスクトップに作成しておいた「Photohopバッチ処理」のフォルダを選択して「開く」ボタンをクリックします。

 

保存

「保存」ボタンをクリックして、画像をjpg形式で保存します。

 

記録を停止

画像がjpg形式で保存できたら、作業は終わりなので、「再生/記録を中止」ボタンをクリックして、記録を停止します。

アクションパネルの中の下の方に「psd→jpg60」というアクションが記録されているのがわかります。

 

バッチ処理

早速、記録したアクションを使って、バッチ処理を行ってみます。

バッチ処理を選択します

メニューの「ファイル」から「自動処理」→「バッチ」とたどって「バッチ」を選択します。

 

select-an-action

表示されたバッチダイアログの「アクション」のプルダウンメニューから、先ほど記録した「psd→jpg60」を選択します。

 

ソースフォルダを選択

「ソース」のすぐ右隣にある プルダウンメニューで「フォルダ」を選択します。

次に、そのすぐ下にある「選択」ボタンをクリックして表示される「フォルダーの参照」のダイアログでソースフォルダ、つまり、これから処理をする画像が入っているフォルダーを選択します。

今回は、「補正済み」フォルダを選択します。

 

保存フォルダを選択

「実行後」のすぐ右隣にある プルダウンメニューで「フォルダ」を選択します。

次に、そのすぐ下にある「選択」ボタンをクリックして表示される「フォルダーの参照」のダイアログで実行後の出力先のフォルダを選択します。

今回は、先ほどデスクトップに作成しておいた、「Photoshopバッチ処理」のフォルダを選択します。

 

バッチ処理の実行

「アクション」の選択と、「ソース」フォルダと「実行後」のフォルダを選択したら、バッチダイアログの右上の「OK」ボタンをクリックします。

このとき、「ソース」の欄の「”開く”コマンドを無視」と「実行後」の欄の「”別名で保存”コマンドを省略」のチェックボックスにチェックは入れておくみたいです。(記録した作業に含まれているから?かもしれません。)

これで、ソースフォルダ内にあるpsd形式の複数の画像をPhotoshopがデスクトップに作成した「Photohopバッチ処理」というフォルダに自動的に一括処理でjpg形式にして保存してくれます。

処理速度は、画像ファイルのサイズや処理内容、またPCのスペックにもよるのかとは思いますが、私の環境では画像1点あたり1~2秒程度のようなので、30点でも1分程度あれば、作業が完了するので便利です。

 

ドロップレットの作成

バッチ処理用のドロップレットも作れるようなので、試してみました。

メニューからドロップレットを作成をクリック

メニューから「自動処理」→「ドロップレットを作成」をクリックします。(この辺りは、きっと新しいバージョンのPhotoshopだと変わっているのかもしれません。)

 

ファイル名と位置を指定します

ドロップレットの名前と、どこに作るのかを指定します。

 

ファイル名と位置(どこに作成するか)を保存します

今回は、デスクトップに作成します。

「ファイル名」のところに入力した文字列がドロップレットの名前になります。

 

プルダウンメニューからアクションを選択します
「実行」の欄の「アクション」のプルダウンメニューからアクションを選択します。

今回は、先ほど作成した「psd→jpg60」を選択しました。

 

出力先にフォルダを選択します

「実行後」のすぐ右隣にある プルダウンメニューから「フォルダ」を選択します。

 

出力先のフォルダを選択します

「実行後」の欄の「選択」ボタンをクリックして表示される「フォルダーの参照」のダイアログで出力先のフォルダを選択します。

今回は、バッチ処理の時にデスクトップに作成した「Photoshopバッチ処理」を選択しました。

 

ダイアログ右上のOKボタンをクリックして、ドロップレットを作成します

ダイアログ右上の「OK」ボタンをクリックして、ドロップレットを作成します。

 

作デスクトップに成されたドロップレット

今回は、作成位置をデスクトップに指定したので、デスクトップにドロップレットが作成されています。

 

画像をドロップレットにドラッグ

選択した複数の画像をドロップレットにドラッグするだけで、Photoshopが起動して選択したアクションの処理が行われます。

 

まとめ

いざ、バッチ処理をやろうとすると、やり方を忘れていることがあるので、備忘録です。

バッチ処理については、以下のサイト様をいつも参考にさせていただいています。

TECHACADEMYマガジン 様

DEGITAL FAN 様

有用な記事をありがとうございます。

DEGITAL FAN 様につきましては、現在は該当ページが見当たらなくなっているようですが、お世話になりました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました